2020.03.07お知らせ(教室だより)
理学療法士と医学生の予防医学サロン

ニック学習舎の講師(広大医学部生)が将来的に理学療法を学術的に証明したい。体のプロが豊富な情報からアドバイスしたい

子ども達のけが予防の体作り、親子のスキンシップによる安心安全な成長を促したいなどなど・・・とサイトを始めました。

相談受付を無料で行い教育分野や体の発達分野で子育て支援をされます。

【リハビリハブ ソラシマ】⇒ https://physithera.com/

 

 

理学療法士と医学生の予防医学サロンの投稿画像02

30年以上前に平井先生が提唱された

「子育てで一番大事なのはしつけ」

しつけとは叱ることが一般的だった時代に「一生懸命しつけをすると子どもは悪くなるばかり」と爆弾発言をして世の中にショックを与えた子育て研究の第一人者です。

《親子のスキンシップの重要性を現代だからこそ声を大にして言いたい》

幼児・児童期の子どもにたっぷりなスキンシップをし、子どもへの共感を大切にする⇒家庭が子どもの心の安全基地になる  

最近、親子でスマホ依存の為スキンシップが少ないように感じます。

 

小学生のお子さんにお父さんお母さんは何も言わないから自分で考えて毎日生活をしてごらんと投げかけてお子さんの様子を観察してみて下さい。

お子さんが自分で考えながら遊び何をするかを一人で考えて行動出来るようであれば自発性が順調に発達し意欲も盛んであることが分かります。

反対に何をしてよいか分からず親に指示を求め、テレビやゲーム、ユーチューブばかり見ている状態だと自発性が育っていないという判断が出来ます。

 

これからの時代に必要な想像力が豊かな子は、よく遊んだ子です。

遊んでない子は高校・大学になり、あと伸びが出来ないと言われています。

 

ニック学習舎のモットーは「じっくり・ゆっくり・丁寧に」です。子育ても子どもとじっくり向き合うと、子どもの良さが見えてきます。日頃から丁寧に話しゆっくり対話するといろいろなことにゆとりが持ててきます。最近のお子さんは話し方も早いです。気づかれていますか?