教材案内

ニック学習舎では、5000人を指導した結果に基づき色々な子どもの学習能力に対応出来るエジソン教材を使っています。数千種類のプリントを集約し子どもたちが自分から楽しく学び、真の実力がつけれるような教材となっています。エジソン認定塾 ニック学習舎エジソンクラブは、この教材をメインに取り入れています。楽しく学びながら子供たちがステップアップしていけるよう後押しをしてくれる推奨教材になっています。是非ご相談ください。

エジソン教材の強み

エジソン教材の強み画像

当教材は、「ことば」と「かず」を楽しみながら学び、簡単な導入段階の問題から発展段階まで進んだり戻ったりしながら学力の定着と向上を図っていきます。子供のつまずきや理解しにくい部分に特に配慮されているため、基礎をしっかりと整え幼児から小学生までしっかりとした土台を作ることが出来ます。当教材は、幼児期から計算だけを詰め込み式に教える形ではなく、図形問題・文章問題中心に計算も含めバランス良くトレーニングを進めます。このシステムで学習すると【自ら考える力】が非常に伸びやすいため当学習舎ではオススメ教材として使用しています。

エジソン教材の学習方法

エジソン教材の学習方法画像

エジソン教材では糸山式絵コンテ読解と言われる教法を使用しています。

糸山式絵コンテ読解とは、文章を読み、その文章を自分なりに絵で表し問題を解く方法です。算数でありながら、確かな国語力を養う素晴らしい教材です。近年、小学校3年生くらいから文章問題が苦手な子が増える傾向があります。そうならないために、算数の良質な文章問題を解いていくことで、絵と言葉を結び付けて、頭の中でイメージしながら問題を解く習慣を身に着けるような教育を行い、読解力と論理力を育てていきます。文章を読んで「分かる」という気持ちになるのは、その文章を頭の中で映像化できた時です。映像化ができれば物語文などはほとんど「分かる」と言ってもよいでしょう。

「国語の読解が苦手」というお子さんは、頭の中に映像が浮かばずに、ただ何となく文字を追いかけて、良さそうな言葉を拾って問題に答えているという場合が多いようです。確かな学力をつけるために、国語力はそのカギを握るとよく言われます。文章が正しく読めて、人の話が正確にていねいに聞けるなら、その子は理科も社会も必ずできるようになります。

エデュケーショナルワーク

この4月より、中学生の教科書が新指導要領の基ボリュームアップし新しい教科書に変わります。 学校の授業がより分かりやすく定着させるために、丁寧に細分化しスモールステップで進むことができるテキストを導入いたしました。

タブレット学習導入

また家庭学習での充実を図るために、タブレットの学習も導入し 30年余りの指導で集めたデータを基にタブレット対応の教材との2本立てで学力定着を目指します。