2021.04.02お知らせ(教室だより)
2021年 新年度始まり エジソンクラブ(幼児・低学年)

地域に根付いて35年 子どもの未来のお手伝い

モット-「ゆっくり・じっくり・ていねいに」

コロナ禍で懇談会を控えていましたが今日は久しぶりの保護者の方との対面でのお話をさせて頂きました。

【幼児・低学年懇談会資料より】

本当に頭の良い子は 幼児・低学年期のある取り組みで決まります。

絵本の読み聞かせをたっぷりして下さい。

本好きになるだけで素晴らしい未来が待っています。知識は本から得られます。保護者の方より今からでも絵本の読み聞かせを頑張る のでお勧めの本を教えて欲しいと言われたのでいろいろある中「のみのピコ」をお勧めしました。私の子どもも孫も喜んで読んでいる間に長~い文章を暗記していました。

★子どもの学習習慣を育成するために、小学校4年生まではとても大事な時期です。                                                                            

脳の発達が6歳までに90%出来上がります。

同時に能力の発達は10歳までに90%近くが土台を作り終え、10歳からは本格的に抽象能力の獲得へと向かいます。

学習面においてこの時期にしっかり脳のしつけをするのと、しないのとでは学習能力に顕著な違いが生まれます。

★ 低学年は子どもの学習能力を鍛える時期です。

自学自習の習慣をつけずに講義とテストペーパーだけで子どもを指導するのは無謀です。

【遊びの中】で知恵を習得し、知恵として使えるようになる低学年の間に「学習習慣を養い、考える力」を獲得することが大切です。