2020.01.10ブログ
情報過多の時代だからこそ

情報過多の時代だからこその投稿画像01

今は乱塾といわれるほど、学力向上をうたった学習塾が増えています。

教材も多種多様で書店に行けばおびただしい数の教材が所狭しと並べられています。教育熱心な方はついあれもこれもと手を伸ばしたくなることでしょう。

しかし、ここで大切なのは特に幼児や小学校の間は一方的に子どもたちに押し付けてはいけないことです。

子どもたちにとって勉強というと「嫌なもの」「分からないと怒れるもの」という苦痛を伴うイメージを植え付けてしまうのは残念です。

子どもは本来楽しいことが大好きです。ですから楽しく学習できる教材でなくては長続きしません。

ニック学習舎の教材は楽しい教材、スモールステップの教材を使っています。

幼児や低学年小学校教材

①わかる教材である。
②楽しく学習できる。⇒楽しく解くために(糸山式絵コンテ読解問題も同時に取り入れています。)
③独学自習できるよう構成されている。
④総合的な学習内容(読み・書き・計算及び応用)になっている。
⑤能力別指導が可能なシステムである。⇒ 先取り学習とは異なる能力に合わせた指導になっている。 
⑥習熟を目的としている。